研究室

発生工学研究室

個体レベルの病態解析から難病克服へ
研究テーマ
モデル動物を用いた遺伝子疾患治療法の開発
研究キーワード

神経変性疾患、ポリグルタミン病、オートファジー、疾患モデルマウス、発生工学

スタッフ

研究・教育内容

個体レベルでの遺伝子機能解析や遺伝子疾患の治療法開発を目的として、 マウスの受精卵やES細胞を操作した疾患モデルマウスを作製、解析している。 また、発生工学の基礎技術改良のため、新規ES細胞株の樹立を行う。

担当学部・大学院

お問合せ

研究室所在地
〒001-0021
札幌市北区北21条西11丁目
北海道大学北キャンパス総合研究棟6号館3階
電話番号
011-706-9062
Fax番号
011-706-9210
Email
t-koda*sci.hokudai.ac.jp(*を半角@に変えて入力ください)

代表的な研究業績

Shigeko Kijimoto-Ochiai, Keiko Kamimura, Toshiaki Koda, Neu-medullocytes, sialidase-positive B cells in the thymus, express autoimmune regulator (AIRE)., Sci. Rep. 9(1): 858 (2019)

Kan Yaguchi, Takahiro Yamamoto, Ryo Matsui, Yuki Tsukada, Atsuko Shibanuma, Keiko Kamimura, Toshiaki Koda, Ryota Uehara, Uncoordinated centrosome cycle underlies the instability of non-diploid somatic cells in mammals., J. Cell Biol. 217(7): 2463-2483 (2018)

Shigeko Kijimoto-Ochiai, Tokuko Matsumoto-Mizuno, Daisuke Kamimura, Masaaki Murakami, Miwako Kobayashi, Ichiro Matsuoka, Hiroshi Ochiai, Hideharu Ishida, Makoto Kiso, Keiko Kamimura, Toshiaki Koda, Existence of NEU1 sialidase on mouse thymocytes whose natural substrate is CD5., Glycobiology 28, 306-317 (2018)

Solomon T. Gizaw, Toshiaki Koda, Maho Amano, Keiko Kamimura, Tetsu Ohashi, Hiroshi Hinou, Shin-Ichiro Nishimura, A comprehensive glycome profiling of Huntington’s disease transgenic mice., Biochim. Biophys. Acta 1850(9): 1704-1718 (2015)

北大研究者総覧参照
https://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.Xm.hV9Kzr8YZsyMzPZ0e9A==.html