スタッフ

水谷 武臣客員教授 (MIZUTANI Takeomi)

研究室
細胞ダイナミクス科学研究室
研究テーマ
生体を構成する細胞の生理的機能の解明と細胞動態解析法の確立
研究キーワード

細胞、力学、時空間ダイナミクス、原子間力顕微鏡、画像解析

研究内容

3次元環境下培養細胞の動態解析法の確立
生体内と同様の環境下で細胞がどのような挙動を示すのかを知ることは、細胞が組織を再生する過程や細胞の移動が引き起こす病理を議論する上で重要です。 この研究テーマでは、細胞に適した細胞外マトリクスの選択、光学顕微鏡による細胞の動態観察技術の確立、光学顕微鏡で撮影した画像から細胞の動態を解析する方法の確立、をそれぞれ目指しています。

細胞が発生する力の測定法の確立
細胞は自らが力を発生することで分裂や移動を行うことができます。これまでに私達の研究グループでは、原子間力顕微鏡を用いて2次元培養環境下における細胞の力を測定する技術を確立してきました。 2次元での測定で培ったノウハウを活かして、現在は3次元培養環境下における力の測定に取り組んでいます。

外から加える力による細胞の生理的機能の制御
外から加えられた力によって、細胞は増殖能や分化能などの生理的機能を変化させることが知られていますが、その詳細な機構は明らかになっていません。 本テーマでは、細胞に対してパルスもしくは交流的な力学刺激を加え、細胞からの応答とその制御機構を調べています。将来的には力学刺激を利用することによって、細胞の生理機能を制御することを目論んでいます。

担当学部・大学院

  • 理学部担当:
    なし
  • 大学院生命科学院担当:
    なし

メッセージ

再生医療や病理への展開を見据えて、近年細胞をターゲットとした研究が盛んに進められるようになってきました。そこでは様々な現象が発見されていますが、現象論に留まっているのが現状です。 基礎科学を背景とした私達は手法の開発や現象の機構解明を通じて生命科学の発展に貢献することが出来れば良いと考えています。研究内容に興味を持った方は、是非一度研究室にいらして下さい。

所属