スタッフ

田中 良和客員教授 (TANAKA Yoshikazu)

研究室
X線構造生物学研究室
研究テーマ
病原性微生物の疾患関連因子の分子学的研究
研究キーワード

蛋白質科学、生物物理学、構造生物学、病原性微生物、病原因子

研究内容

黄色ブドウ球菌はヒトをはじめとした哺乳類に常在する細菌ですが、疾病により免疫機能の低下した患者や乳幼児、 老人に感染した場合は、各種の毒素、免疫 撹乱物質などを産生し、敗血症や肺炎、黄色ブドウ球菌毒素ショック症候群などの重篤な疾患を引き起こします。 これに加え、黄色ブドウ球菌は種々の抗生物質に対する耐性を容易に獲得するという性質があり、 すでに我々人類の保有するすべての抗生物質に対して薬剤耐性が獲得されてしまったことから、院内感染の 原因菌として大きな社会問題となっています。 このような背景から、黄色ブドウ球菌に対する創薬研究の社会的意義は深く、かつ急務の課題ですが、有用な薬剤の獲得には至っていないのが現状です。 私たちは、創薬ターゲットとなりえる重要蛋白質の構造・機能解析を通し、創薬に有用な情報を提供することを目指しています。 生化学実験およびゲノム解析により、病原性への関与が明らかになった重要蛋白質に焦点を絞り、その構造機能解析を行っています。

担当学部・大学院

  • 理学部担当:
    なし
  • 大学院生命科学院担当:
    なし

メッセージ

「社会問題の原因となっている病原性細菌の脅威に打ち勝つ」という大きな目標のもとに、原因となる蛋白質の解析を行っています。 少しでも興味を持たれた方は、お気軽にご連絡ください。

所属