スタッフ

相良 剛光助教 (SAGARA Yoshimitsu)

研究室
分子情報科学研究室
研究テーマ
機械的刺激に応答して発光特性が変化する有機材料の開発と応用
研究キーワード

メカノクロミック・ルミネッセンス、メカノプローブ、液晶、超分子、ミセル、ロタキサン、刺激応答性発光材料、分子集合体

研究内容

我々の生活は、細胞が出すような小さな力から工作機械が出すような大きな力まで、多種多様な機械的刺激で満ち溢れている。そのような機械的(力学的)な刺激を可視化する材料は、材料の劣化や材料が受けた刺激を鋭敏に検出することができるため、とても有益である。我々は現在、比較的単純な分子構造を持つ有機結晶から、液晶やミセル、超分子ファイバー、ロタキサンといった様々な分子集合体を用いて、微細な機械的刺激に応答して発光特性が鮮やかに変化する材料を開発している。

担当学部・大学院

代表的な研究業績

北大研究者総覧参照
https://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.yKvEm1x8uP5wIF6weZSx4w==.html

所属