スタッフ

于 健特任助教 (YU Jian)

研究室
X線構造生物学研究室
研究テーマ
タンパク質立体構造情報に基づくAI薬剤設計の研究、Native-SAD法を用いてX線結晶構造自動解析法の研究
研究キーワード

構造生物学、タンパク質の構造に基づく薬剤設計、ソフトウエア開発、Native S-SAD法

研究内容

タンパク質分子は、それらの異なる構造に基づいて様々な生物的機能を果たす。私たちは、主に生物の反応メカニズムを解明するためそれに関するタンパク質構造解析の研究をしている。さらに、タンパク質構造をもちいて、ドラッグデザインや酵素デザインなどの展開研究もしている。

AIを用いてStructure-based Drug design
Structure-Based Drug Design(SBDD)は、薬物を得るまでに合成すべき化合物を合理的に絞り込むことができる創薬手法であり、関連する諸技術の進歩により急速に定着してきた。具体的な手順としては、X線結晶構造解析により薬物候補化合物 – 標的タンパク質の結合様式を原子レベルで可視化し、その構造情報を正確に抽出して薬物設計を行っていく。最近、人工知能(AI)は膨大な量のSBDDデータに対して、著しいパワーを示している。私たちのグループは現在AI技術を用いたSBDDための新しいアルゴリズムとソフトウェアの開発をしている。

X線結晶学のためのネイティブ S-SAD法
ネイティブ S-SAD法は、X線結晶学における位相問題を解決するために、タンパク質の硫黄原子からの異常散乱信号を使用する。この方法のチャレンジは、データ収集とデータ分析に最適なパラメータを見つけることである。私たちのグループは現在、ディープラーニングを備えたNative S-SADための自動データ収集および分析システムの開発をしている。

担当学部・大学院

メッセージ

私たちの研究グループは、さまざまな生命現象の発生を促進するために、タンパク質の構造や機能の解析に関する研究を行うために、コンピューターや人工知能などのさまざまな先端技術を使用しています。 計算科学と生物学は両方とも興味がある方、ぜひ一緒に研究しましょう。

代表的な研究業績

北大研究者総覧参照
(https://researchmap.jp/yujian/)

所属