スタッフ

吉川 千晶客員准教授 (YOSHIKAWA Chiaki)

研究室
フロンティア生命材料科学研究室
研究テーマ
生体機能を自在に制御できる新規高分子材料の創出
研究キーワード

リビングラジカル重合、ポリマーブラシ、ナノファイバー、バイオインターフェース、生体材料

研究内容

精密重合法を駆使した高分子材料設計による、新規な生体材料の創出を目指しています。具体的には、重合の最適化と高分子の構造制御、高次構造と機能の相関解明などの基盤研究を行い、生体機能を自在に制御できる生体材料の開発に取り組んでいます。

担当学部・大学院

  • 理学部担当:
    なし
  • 大学院生命科学院担当:
    生命科学専攻,生命融合科学コース,(連携分野)フロンティア生命材料科学(DC課程)

メッセージ

高分子材料の開発に興味のある学生、熱意のある学生を募集しています。

代表的な研究業績

Yoshikawa, C.;.Takagi, R.; Nakaji-Hirabayashi, T.; Ochi, T.; Kawamura, Y.; Thissen, H. Marine antifouling coatings based on durable bottlebrush polymers. ACS Applied Mate. Inter. 2022, 14, 32497-32509. 

Yoshikawa, C.; Sakakibara, K.;Nonsuwan, P.; Shobo, M.; Xida, Y.; Matsumura, K.; Cellular Flocculation Driven by Concentrated Polymer Brush-Modified Cellulose Nanofibers with Different Surface Charges. Biomacromolecules 2022, 23, 3186-3197.

Nonsuwan, P.; Nishijima, N.; Sakakibara, K.; Nakaj-Hirabayashi, T.; Yoshikawa, C. Concentrated Polymer Brush-Modified Cellulose Nanofibers Promote Chondrogenic Differentiation of Human Mesenchymal Stem Cells by Controlling Self-Assembly J. Mater. Chem. B 10(14), 2444-2453, 2022.

Yoshikawa, C.; Sakakibara, S.; Nonsuwan, P.; Yamazaki, T.; Tsujii, Y. “Nonbiofouling Coatings Using Bottlebrushes with Concentrated Polymer Brush Architecture“ Biomacromolecules, 22, 6, 2505–2514, 2021. 

Yoshikawa, C.; Nakaji-Hirabayashi, T.; Nishijima, N.; Nonsuwan, P.; Toh, R-J.; Kowalczyk, W.; Thissen, H. Ultra-low fouling photocrosslinked coatings for the selective capture of cells expressing CD44. Mate Sci Eng C,120, 111630, 2021.

備考

NIMS研究者データーベース
https://samurai.nims.go.jp/profiles/yoshikawa_chiaki

所属

  • 物質・材料研究機構