研究室

フロンティア生命材料科学研究室

生命科学とナノテクの融合によるライフイノベーションの創出
研究テーマ
免疫制御のための核酸ナノメディシンの開発/難治性骨疾患の機構解明とナノメディシンによる治療法の開発/ナノ粒子の毒性機構の解明
研究キーワード

ナノメディシン、ナノバイオテクノロジー核酸医薬、免疫、網羅的遺伝子発現解析、ナノ粒子、DNAデリバリー、ナノ物質の安全性/毒性評価

スタッフ

研究・教育内容

茨城県つくば市にある物質・材料研究機構内で研究を進めています。
ヒトには侵入してきた病原体のDNAやRNAを認識して免疫を活性化させる機構があります。私たちは、この機構を利用して、人工合成した核酸をナノ粒子と結合させた核酸ナノメディシンを開発し、感染症やアレルギーの治療に応用する研究を行っています。また、仮骨の異常形成や異所性骨化を引き起こすV型骨形成不全症の原因遺伝子を標的とした核酸ナノメディシンの開発も行っています。

フロンティア生命材料科学研究室(hanagata2018)

担当学部・大学院

  • 大学院担当:
    大学院生命科学院,生命科学専攻,生命融合科学コース,(連携分野)フロンティア生命材料科学(DC課程)

お問合せ

研究室所在地
〒305-0047
茨城県つくば市千現1-2-1
国立研究開発法人 物質・材料研究機構 ナノテクノロジー融合ステーション
電話番号
029-860-4774
Fax番号
029-859-2475
Email
HANAGATA.Nobutaka*nims.go.jp(*を半角@に変えて入力ください)

代表的な研究業績

Shanmugavel Chinnathambi, Nobutaka Hanagata. Photostability of quantum dot micelles under ultraviolet irradiation. Luminescence. 34 [5] (2019) 472-479

Shanmugavel Chinnathambi, Subramani Karthikeyan, Nobutaka Hanagata, Naoto Shirahata. Molecular interaction of silicon quantum dot micelles with plasma proteins: hemoglobin and thrombin. RSC Advances. 9 [26] (2019) 14928-14936

Souichi Ikeno, Naoko Nakano, Keigo Sano, Takashi Minowa, Wataru Sato, Ryosuke Akatsu, Nobuo Sakata, Nobutaka Hanagata, Makiko Fujii, Fumiko Itoh, Susumu Itoh. PDZK1-interacting protein 1 (PDZK1IP1) traps Smad4 protein and suppresses transforming growth factor-β (TGF-β) signaling. Journal of Biological Chemistry. 294 [13] (2019) 4966-4980

Kazuaki Hoshi, Tomohiko Yamazaki, Yuuki Sugiyama, Kaori Tsukakoshi, Wakako Tsugawa, Koji Sode, Kazunori Ikebukuro. G-Quadruplex Structure Improves the Immunostimulatory Effects of CpG Oligonucleotides. Nucleic Acid Therapeutics. 29 [4] (2019) 224-229

Febriana Catur Iswanti, Indah Nurulita, Samsuridjal Djauzi, Mohamad Sadikin, Arief Budi Witarto, Tomohiko Yamazaki. Preparation, characterization, and evaluation of chitosan-based nanoparticles as CpG ODN carriers. Biotechnology & Biotechnological Equipment. 33 [1] (2019) 390-396

備考

・つくば市で研究活動実施
物質・材料研究機構(茨城県つくば市)に所属する客員教員が博士後期課程の研究指導を担当します。外国人留学生、社会人特別選抜入学など研究内容に興味がある方は担当教員へご連絡ください。
NIMSジュニア研究員制度
物質・材料研究機構で研究を行う大学院生に研究スタッフとして活躍して頂くことを目的としたものであり、優れた研究能力を有する大学院生に対して賃金を支給する制度です。これにより生活費等の心配なく研究に専念することができます。詳細は担当教員へ問い合わせてください。