研究室

分子適応科学研究室

低温適応生物が有する驚きの機能とは?
研究テーマ
低温適応物質の機能解明に基づく新技術創成と機能性核酸の創出
研究キーワード

不凍蛋白質、氷結晶結合機能、雪腐病菌、遺伝子発現制御、NMR解析、X線構造学、生物多様性、超強力細胞保護ペプチド、レポーターアッセイ、3次元分子構造、遺伝子検出核酸医薬機能性核酸、物質検出、細胞評価、電気化学

スタッフ

研究・教育内容

研究内容:未知・未利用生物資源の探索とそれらの生化学的性質の解明、 ゲノムワイドな発現解析に基づく高効率遺伝子発現・制御法の開発、 および高分解能NMR法・X線法の併用による 産業用蛋白質の3次元分子構造解析を行う。これら遺伝子、蛋白質、細胞レベルでの知見を結合して生命構造原理を解明することで、 独自の新しいバイオテクノロジーを創成する。

担当学部・大学院

お問合せ

研究室所在地
〒062-8517
札幌市豊平区月寒東2条17丁目2-1
国立研究開発法人産業技術総合研究所北海道センターバイオ棟1,3階D1-118, -303
電話番号
011-857-8912
Fax番号
011-857-8983
Email
s.tsuda*aist.go.jp(*を半角@に変えて入力ください)