生体高分子バイオマテリアル

アミノ酸からタンパク質、ブドウ糖から澱粉やセルロース、核酸からDNAなど動物、植物の細胞では酵素のはたらきで分子量がとても大きな分子(高分子)が作られている。これらは生体高分子と呼ばれ、ひも状に伸びているだけでなく、折りたたみが自発的に起こり、規則的な『3D構造』を作る。生体高分子は、環境・食品分野などの先端応用技術や高分子ゲル・バイオマテリアルの医療研究も役立っており、その構造や機能の起源を探るソフトマター研究分野が注目されている。

生物情報解析科学研究室

病理学研究室

機能再生医学研究室

ソフトマター機能学研究室