研究室

細胞機能科学研究室

ダイナミックな細胞像の構築
研究テーマ
分子間相互作用を指標とした生体機能解析/分光イメージング法を用いたタンパク質解析/タンパク質凝集と病態の関連解明
研究キーワード

蛍光相関分光法、イメージ相関分光法、単1細胞解析、単1分子解析、蛍光寿命測定、生体分子間相互作用解析、細胞内タンパク質品質管理機構、タンパク質凝集体、線虫

スタッフ

研究・教育内容

研究内容:
生きた細胞内で活動する機能性分子はダイナミックに動きながら相互作用している。このような生体分子のミクロな動きからマクロな細胞機能に至る関係性を明らかにするために,光技術を中心とした生命機能の分子レベルでの研究を進める。特に、単1分子検出法の一つである蛍光相関分光法(FCS)をはじめとした各種のLive Cell Imaging手法を用いて解析を行う。具体的な生物学的問題点として,神経変成疾患に関連したタンパク質のミスフォールディングを伴う,神経細胞死が引き起こされる原因を明らかにすることや,核内受容体の細胞内動態など,細胞内情報伝達過程を定量的に明らかにし、生体分子の動態と細胞機能の関連に重点を置く研究を推進する。

細胞機能科学研究室 (pdf)

各科目の活用度
生物学
化学
物理学
数学

担当学部・大学院

お問合せ

研究室所在地
〒001-0021
札幌市北区北21条西11丁目
北海道大学北キャンパス総合研究棟2号館(次世代物質生命科学研究棟)6階Ⅱ期棟
電話番号
011-706-9006
Fax番号
011-706-9045
Email
fcs2007*sci.hokudai.ac.jp(*を半角@に変えて入力ください)

代表的な研究業績

Akira Sasaki, Johtaro Yamamoto, Masataka Kinjo, Naohiro Noda, Absolute Quantification of RNA Molecules Using Fluorescence Correlation Spectroscopy with Certified Reference Materials, Anal. Chem., 90, 10865-10871, 2018

Tsukamoto M., Chiba K., Sobu Y., Shiraki Y., Okumura Y., Hata S., Kitamura A., Nakaya T., Uchida S., Kinjo M., Taru H., Suzuki T., The cytoplasmic region of the amyloid beta-protein precursor (APP) is necessary and sufficient for the enhanced fast velocity of APP transport by kinesin-1., FEBS Letters, 592, 2716-2724, 2018

Kitamura A., TDP-43 depletion: mechanism of neuronal cell death in ALS., Future Neurology, 13, 143-149, 2018

Kitamura A., Iwasaki N., Kinjo M., Molecular chaperone HSP70 prevents formation of inclusion bodies of the 25-kDa C-terminal fragment of TDP-43 by preventing aggregate accumulation., Cell Stress and Chaperones, 23, 1177-1183, 2018

Kitamura A., Shimizu H., Kinjo M., Determination of cytoplasmic optineurin foci sizes using image correlation spectroscopy., The Journal of Biochemistry, 164, 223-229, 2018

北大研究者総覧参照
https://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.roAdxRX6Sl-bZBl0k9xszQ==.html