スタッフ

津田 真寿美准教授 (TSUDA Masumi)

研究室
病理学研究室
研究テーマ
ソフトマターによる疾患解明と医療応用
研究キーワード

バイオマテリアル、癌幹細胞、分子標的治療、再生医療、軟骨再生、神経再生

研究内容

生体内環境を模倣したソフトマター(高分子合成ハイドロゲル)上での細胞動態や生体内での反応性を解析することで、疾患の原因を解明し、新規の癌診断法の開発や癌治療の確立、人工軟骨や神経再生を始めとした再生医療への応用を目指す。最終的に、ソフトマター(バイオマテリアル)と医学を融合させ、高度先進医療および高齢化社会に向けて、広く医学・医療の発展に貢献することを目指す。

担当学部・大学院

メッセージ

ソフトマター(高分子合成ハイドロゲル)には、細胞の運命を変える未知の力があります。ソフトマターによって様々な疾患の原因や状態を解明し、革新的な医療の開発を目指します。

代表的な研究業績

Tsuda M, Watanabe T, Seki T, Kimura T, Sawa H, Minami A, Akagi T, Isobe K, Nagashima K, Tanaka S. Induction of p21(WAF1/CIP1) by human synovial sarcoma-associated chimeric oncoprotein SYT-SSX1. Oncogene, 24, 7984-7990, 2005

Tsuda M, Davis IJ, Argani P, Shukla N, McGill GG, Nagai M, Saito T, Laé M, Fisher DE, Ladanyi M. TFE3 fusions activate MET signaling by transcriptional up-regulation, defining another class of tumors as candidates for therapeutic MET inhibition. Cancer Res, 67, 919-929, 2007

Watanabe T, Tsuda M, Makino Y, Konstantinou T, Nishihara H, Majima T, Minami A, Feller SM, Tanaka S. Crk adaptor protein induced-phosphorylation of Gab1 on tyrosine 307 via Src is important for organization of focal adhesions and enhanced cell migration. Cell Res, 19, 638-650, 2009

Fujioka Y, Tsuda M, Nanbo A, Hattori T, Sasaki J, Sasaki T, Miyazaki T, Ohba Y. A Ca(2+)-dependent signaling circuit regulates influenza A virus internalization and infection. Nat Commun, 4, 2763, 2013

Ye YN, Frauenlob M, Wang L, Tsuda M, Sun TL, Cui K, Takahashi R, Zhang HJ, Nakajima T, Nonoyama T, Kurokawa T, Tanaka S, Gong JP. Tough and self-recoverable thin hydrogel membranes for biological applications. Advanced Functional Materials, 28, 1801489, 2018

北大研究者総覧参照
https://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.kzHw9KIOBcsqR-g1pQ3MdA==.html

所属

  • 大学院医学研究院