2018年4月新設・ソフトマター専攻

生命科学は今日、物質科学や情報科学の学際領域との融合研究が進展し、次世代型生命科学へのイノベーションがますます期待されています。ソフトマターはその代表的先端基盤材料で、産業界、医療、環境・エネルギー分野など広範な分野から注目されています。

そこで、世界トップクラスのソフトマター研究拠点を持つ北海道大学は、本学大学院生命科学院に、ソフトマター専攻(修士課程・博士後期課程)を平成30(2018)年4月に設置しました。ソフトマター科学に特化した体系的教育を提供するとともに、ソフトマター研究で世界的にリードできる国際的な人材を養成します。(生命科学院ニュース)(広報誌「リテラポプリ」

ピックアップ

トピックス

イベント

先輩レポート