共用施設設備

次世代物質生命科学研究センター・先端基盤ユニットによる共用体制

先端生命科学研究院は附属次世代ポストゲノム研究センターのミッション達成を踏まえ、今後、様々な研究推進に貢献するため、同センターを平成28年4月に次世代物質生命科学研究センターと改組しました。新センターは3つの機能ユニットからなります。産学連携ユニットでは、出口指向の生命・物質材料の創製、医療・健康関連を中心とした産学連携を展開します。国際連携ユニットでは、ソフトマターGI-CoREプログラムを実施し、これを中心とした国際共同研究を実施します。

先端基盤ユニットでは、オープンファシリティ制度によるNMR, MS, X線、イメージング、物性測定等の先端共用機器の提供により、産学連携ユニット・国際連携ユニットの研究推進とともに、生命科学院の大学院教育にも利用出来る研究環境を整備します。共用機器を活用した高度技術人材育成、オープン教育リソース開発については、創成研究機構グローバルファシリティセンター(FGC)、オープンエデュケーションセンター(OEC)と連携推進しています。

ソフトマター機器共用ユニット(Soft Matter Open Unit, SMOU)はGFCと連携し、先端機器の移設・再配置や共用機器の集約を行い、本学オープンファシリティプラットフォームによる共用機器の維持管理、専門スタッフのスキル向上・キャリア形成や技術指導による利便性向上、実践的実習への活用(大学院共通授業科目・国際サマースクール)など共用システムの教育環境整備も進めます。

ソフトマター機器共用ユニット(SMOU)
http://aces.gfc.hokudai.ac.jp/future/sky/smou/

装置一覧(分子解析系装置群、細胞工学系装置群、材料科学系装置群)
http://aces.gfc.hokudai.ac.jp/future/sky/smou/equipment/ 

コンタクト
http://aces.gfc.hokudai.ac.jp/future/sky/smou/contact/

先端NMRファシリティの共用促進プログラム(文部科学省「先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業」H25-27) の実績をもとに継続・実施しています。北海道地域で最大のNMR施設として、地域産業のみならず、全国の産業界、学術・研究機関などからもご利用いただけます。

先端NMRファシリティ(学内外利用方法・トライアルユース)
http://altair.sci.hokudai.ac.jp/facility/nmr/index.php 

装置一覧
http://altair.sci.hokudai.ac.jp/facility/nmr/equipment.html 

オープン教材
http://altair.sci.hokudai.ac.jp/facility/nmr/ICT.html 

お問い合わせ
http://altair.sci.hokudai.ac.jp/facility/nmr/contact.html

文部科学省「先端研究基盤共用促進事業(共用プラットフォーム形成支援プログラム)」(代表機関)理化学研究所、(連携機関)横浜市立大学、大阪大学、北海道大学(先端生命科学研究院)H28〜
http://nmrpf.jp