研究室

分子適応科学研究室

低温適応生物が有する驚きの機能とは?
研究テーマ
低温適応物質の機能解明に基づく新技術創成と機能性核酸の創出
研究キーワード

不凍蛋白質、氷結晶結合機能、雪腐病菌、遺伝子発現制御、NMR解析X線構造学、生物多様性、超強力細胞保護ペプチド、レポーターアッセイ、3次元分子構造、遺伝子検出、核酸医薬、機能性核酸、物質検出、細胞評価、電気化学

スタッフ

研究・教育内容

研究内容:未知・未利用生物資源の探索とそれらの生化学的性質の解明、 ゲノムワイドな発現解析に基づく高効率遺伝子発現・制御法の開発、 および高分解能NMR法・X線法の併用による 産業用蛋白質の3次元分子構造解析を行う。これら遺伝子、蛋白質、細胞レベルでの知見を結合して生命構造原理を解明することで、 独自の新しいバイオテクノロジーを創成する。

 

分子適応科学研究室(s.tsuda2018)

担当学部・大学院

お問合せ

研究室所在地
〒062-8517
札幌市豊平区月寒東2条17丁目2-1
国立研究開発法人産業技術総合研究所北海道センターバイオ棟1,3階D1-118, -303
電話番号
011-857-8912
Fax番号
011-857-8983
Email
s.tsuda*aist.go.jp(*を半角@に変えて入力ください)

代表的な研究業績

Rahman, AT., Arai, T., Yamauchi, A., Miura, A., Kondo, H., Ohyama, Y., and Tsuda, S.: Ice recrystallization is strongly inhibited when antifreeze proteins bind to multiple ice planes. Sci. Rep. (2019), 9, 1, 2212.

Arai, T., Fukami, D., Hoshino, T., Kondo, H., and Tsuda, S.: Ice-binding proteins from the fungus Antarctomyces psychrotropicus possibly originate from two different bacteria through horizontal gene transfer. FEBS J. (2019) 286, 5, 946-962.

Azuma, N., Miyazaki, Y., Nakano, M., and Tsuda, S.: Unexpected rise of glass transition temperature of ice crystallized from antifreeze protein solution. J. Phys. Chem. Lett., 9, 4512-4515 (2018).

Mahatabuddin, S., Fukami, D., Arai,T., Nishimiya, Y., Shimizu, R., Shibazaki, C., Kondo, H., Adachi, M., and Tsuda, S.: Polypentagonal ice-like water networks emerge solely in an activity-improved variant of ice-binding protein. Proc. Natl. Acad. Sci. USA,115 (21), 5456-5461 (2018).

Mahatabuddin, S., Hanada, Y., Nishimiya, Y., Miura, A., Kondo, H., Davies, PL., and Tsuda, S. Concentration-dependent oligomerization of an alpha-helical antifreeze polypeptide makes it hyperactive. Sci. Rep. (2017), 7, 42501.

備考

産業技術総合研究所北海道センター(札幌市)に所属する客員教員が修士課程、博士後期課程の研究指導を担当します。研究内容に興味がある方は担当教員へご連絡ください。