研究室

分子適応科学研究室

低温適応生物が有する驚きの機能とは?
研究テーマ
低温適応物質の機能解明に基づく新技術創成と機能性核酸の創出
研究キーワード

不凍蛋白質、氷結晶結合機能、雪腐病菌、遺伝子発現制御、NMR解析、X線構造学、生物多様性、超強力細胞保護ペプチド、3次元分子構造、遺伝子検出、核酸医薬、機能性核酸、物質検出、細胞評価、電気化学

スタッフ

研究・教育内容

未知・未利用生物資源の探索とそれらの生化学的性質の解明,遺伝子発現を効率的に調節可能な機能性核酸の創出と核酸医薬への応用、電気化学的手法による物質検出や細胞観察、および産業用タンパク質の3次元分子構造解析を行う。これら遺伝子,タンパク質,細胞レベルでの知見を結合して生命構造原理を解明することで, 独自の新しいバイオテクノロジーを創成する。
https://altair.sci.hokudai.ac.jp/g_renkei/top.html
https://unit.aist.go.jp/bpri/bpri-bimo/research1.html

分子適応科学研究室(PDF)

担当学部・大学院

お問合せ

研究室所在地
〒062-8517
札幌市豊平区月寒東2条17丁目2-1
国立研究開発法人産業技術総合研究所北海道センターバイオ棟
電話番号
011-857-8996
Fax番号
011-857-8983
Email
h.kondo*aist.go.jp(*を半角@に変えて入力ください)

代表的な研究業績

Okumura, S.; Hirano, Y.; Komatsu, Y. Stable Duplex-Linked Antisense Targeting MiR-148a Inhibits Breast Cancer Cell Proliferation. Sci. Rep. 11, 11467 (2021).

Khan, N.M.M.U., Arai, T., Tsuda, S., and Kondo, H., Characterization of microbialantifreeze protein with intermediate activity suggests that a bound-water network is essential for hyperactivity. Scientific Reports 11, 5971 (2021).

Yamauchi, A., Arai, T., Kondo, H., Sasaki, Y.C., and Tsuda, S.: An ice-binding protein from an Antarctic ascomycete is fine-tuned to bind to specific water molecules located in the prosm planes. Biomolecules, 10, 759 (2020).

Arai, T., Fukami, D., Hoshino, T., Kondo, H., and Tsuda, S.: Ice-binding proteins from the fungus Antarctomyces psychrotropicus possibly originate from two different bacteria through horizontal gene transfer. FEBS J., 286, 5, 946-962 (2019).

Mahatabuddin, S., Fukami, D., Arai,T., Nishimiya, Y., Shimizu, R., Shibazaki, C., Kondo, H., Adachi, M., and Tsuda, S.: Polypentagonal ice-like water networks emerge solely in an activity-improved variant of ice-binding protein. Proc. Natl. Acad. Sci. USA,115 (21), 5456-5461 (2018).

Mahatabuddin, S., Hanada, Y., Nishimiya, Y., Miura, A., Kondo, H., Davies, PL., and Tsuda, S. Concentration-dependent oligomerization of an alpha-helical antifreeze polypeptide makes it hyperactive. Sci. Rep., 7, 42501 (2017).

備考

産業技術総合研究所北海道センター(札幌市)に所属する客員教員が修士課程、博士後期課程の研究指導を担当します。研究内容に興味がある方は担当教員へご連絡ください。