3年ぶりに開催しました!8th International Life-Science Symposium

2022年11月4日(金)に 8th International Life-Science Symposium (ILSS)が開催されました。前回の開催は2019年だったので、今回は3年ぶりの開催です。

8th-ILSS 参加者の集合写真

ILSSは、大学院生命科学院のInternational Graduate Program (IGP)が主催するシンポジウムです。留学生を含む若手研究者が、分野を問わず口頭発表やポスター発表を通じて議論することで、将来的に国際的な場で活躍してもらうことを目的としています。

口頭発表の様子

当日は51名の留学生を含む137名が参加し、43件の発表(口頭発表12件、ポスター発表31件)が行われました。優秀発表賞が贈られたのは、口頭発表者3名(柴垣光希さん、Syeda Rubaiya Nasrinさん、Lareno Villones Jr. Lopezさん)とポスター発表者1名(井上祐輝さん)です。

ポスターの説明をする参加者
鎌田准教授による招待講演

シンポジウムは、大学院博士課程の履修科目「国際研究集会企画プログラム」として開催されています。博士課程の学生が主体となり、国際研究集会を企画し開催することが目標です。当日も、受付、進行、会場係など全てを学生スタッフが行っていました。

受付の様子

このシンポジウムを通して、参加したみなさんの研究がさらに発展し、国際社会への貢献に繋がることを期待します。