研究室

自然免疫研究室

自然免疫から健康と病気に迫る
研究テーマ
パネト細胞αディフェンシンによる自然免疫および腸内環境制御/炎症性腸疾患および生活習慣病の予防法/治療法開発
研究キーワード

自然免疫、抗菌ペプチド、粘膜免疫、腸上皮細胞、パネト細胞、炎症性腸疾患、ディフェンシン、分子標的治療、幹細胞と再生医療、腸内細菌、生活習慣病、医食同源

スタッフ

研究・教育内容

研究内容:生体は、微生物の排除と微生物との共生というメカニズムを有しています。 私たちは、消化管粘膜免疫における自然免疫と再生の仕組みとはたらきを抗菌ペプチドαディフェンシン及びその産生細胞であるPaneth細胞における分子機構から解明することによって「排除」と「共生」のメカニズムを理解します。また、からだの司令塔とも考えられる多彩な腸上皮細胞の機能から「医食同源」を科学的に解明し活用する研究を行い、炎症性腸疾患や生活習慣病などの疾患克服を目指します。

自然免疫研究室 (pdf)

各科目の活用度
生物学
化学
物理学

担当学部・大学院

お問合せ

研究室所在地
〒001-0021
札幌市北区北21条西11丁目
北海道大学北キャンパス総合研究棟2号館(次世代物質生命科学研究棟)4階
電話番号
011-706-9049
Fax番号
011-706-9053
Email
ayabe*sci.hokudai.ac.jp(*を半角@に変えて入力ください)

代表的な研究業績

北大研究者総覧参照
https://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.bblcHx9s1OIVNuwqyv0YtQ==.html