スタッフ

中村 公則准教授 (NAKAMURA Kiminori)

研究室
自然免疫研究室
研究テーマ
口腔内細菌が腸管自然免疫に及ぼす影響の検討および炎症性腸疾患の病因・病態解明
研究キーワード

粘膜免疫、自然免疫、抗菌ペプチド、defensin、消化管、パネト細胞、幹細胞、感染症、炎症性腸疾患、再生医療

研究内容

口腔内細菌が腸管自然免疫に及ぼす影響の検討

口腔と腸管は解剖学的に連続しており口腔常在菌や口腔病原菌が腸管の細菌叢や機能に影響を及ぼすことは容易に考えられます。しかし、口腔常在菌・病原菌の腸管への影響はあまり知られていません。この理由の1つとして、in vitroで 基礎的検討を行うことが出来る適切な腸上皮培養細胞が存在していない事が挙げられます。そこで私達はマウス小腸上皮細胞の培養法の確立と細胞株の樹立を目指しています。また、得られた細胞への口腔常在菌・病原菌が腸上皮細胞へどの様に影響をおよぼすのかを評価することで、腸管での自然免疫系と口腔常在菌とのクロストークを解明し、腸炎や歯周病などの疾患発症の関与、分子機構および殺菌機能の両面から定量的に評価する事を目的としています。

炎症性腸疾患の新規治療の開発

炎症性腸疾患である、潰瘍性大腸炎とクローン病は、現在も患者数が増加しています。しかし病因が不明であり根本的治療法は未だにありません。私たちは、IBDの病因の解明をするために、微生物と宿主の抗菌ペプチド、特にPaneth細胞αディフェンシンとのクロストークに着目し、解析を行っています。また、Paneth細胞の自然免疫関連分子や腸上皮幹細胞と再生・分化因子を標的とした新しい治療法を研究開発しています。

担当学部・大学院

代表的な研究業績

北大研究者総覧参照
https://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.P5or0wmgKDGd6T1oJuMusg==.html

所属