スタッフ

相沢 智康准教授 (AIZAWA Tomoyasu)

研究室
蛋白質科学研究室
研究テーマ
NMR法と遺伝子工学を用いたタンパク質の研究、NMRメタボロミクス
研究キーワード

蛋白質科学、構造生物学、蛋白質工学、NMR法、自然免疫、抗菌ペプチド、サイトカイン

研究内容

タンパク質の立体構造形成
ポストゲノム時代と呼ばれる現在、ヒトのみならず数多くの生物においてその「設計図=遺伝子情報」が明らかにされています。 しかしながら、実際に生命現象を担う機能を発揮する「機械=タンパク質」については、その機能を発揮するための「形=立体構造」 を形成する本当の秘密がまだ明らかになっていません。この謎が解けたとき、初めて人類は自由にタンパク質をデザインできるようになるといえます。 私たちのグループは、タンパク質を自由自在に操ることができる日が来ることを夢見て、さまざまなアプローチでタンパク質の立体構造形成について研究を進めています。

タンパク質大量発現技術の開発
タンパク質の立体構造解析や立体構造形成の謎を解くためには、「研究試料」として大量のタンパク質を必要とします。 また医薬や産業への応用を考えた際にも有用タンパク質の大量生産技術は極めて重要です。 私たちは、微生物や培養細胞を用いて様々なタンパク質を生産する新規の技術の開発を進めています。 タンパク質を大量に生産するためには、細胞内でタンパク質が正しい形を形成することが重要です。 そのため、タンパク質の大量生産成功の鍵は、立体構造形成の謎とも無関係ではありません。

担当学部・大学院

メッセージ

タンパク質という分子には、まだまだたくさんの謎が隠されています。 自然が私たちに与えてくれたタンパク質というパズルを一緒に解きませんか?

代表的な研究業績

北大研究者総覧参照
https://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.YW9I3ckXtNcaTh95IUkcHw==.html

所属