研究室

細胞機能科学研究室

ダイナミックな細胞像の構築
研究テーマ
分子間相互作用を指標とした生体機能解析/分光イメージング法を用いたタンパク質解析/タンパク質凝集と病態の関連解明
研究キーワード

プロテオスタシス、タンパク質凝集体、神経変性疾患、線虫、蛍光相関分光法、蛍光イメージング技術、単一分子解析、生体分子間相互作用解析

スタッフ

研究・教育内容

研究内容:
生きた細胞内で活動する機能性分子は,それぞれダイナミックに動的な相互作用を行いながら,細胞内を拡散したり,あるいは集積することで機能している。このような生体分子のミクロな動きからマクロな細胞機能に至る関係性を明らかにするために,ライブセルイメージングや単一分子蛍光相関分光法 (FCS),などをはじめとする光計測技術を用いた生命機能解析を分子レベルで遂行する.具体的な生物学的問題点としては,筋萎縮性側索硬化症 (ALS)や緑内障などの神経変性疾患に関連したタンパク質凝集体による神経細胞死の原因究明,非膜性オルガネラ・集積体が担う細胞保護的役割の解明研究を推進する.培養細胞に加えて線虫の表現型・寿命解析も行っている.

細胞機能科学研究室 (pdf)

担当学部・大学院

お問合せ

研究室所在地
〒001-0021
札幌市北区北21条西11丁目
北海道大学北キャンパス総合研究棟2号館(次世代物質生命科学研究棟)6階Ⅱ期棟
電話番号
011-706-9006
Fax番号
011-706-9045
Email
fcs2007*sci.hokudai.ac.jp(*を半角@に変えて入力ください)

代表的な研究業績

Fujimoto A., Lyu Y., Kinjo M., Kitamura A., Interaction between spike protein of SARS-CoV-2 and human virus receptor ACE2 using two-color fluorescence cross-correlation spectroscopy., Applied Sciences, 11, 10697, 2021

Kitamura A., Numazawa R., Kinjo M., Conformational stabilization of Optineurin by the dynamic interaction of linear polyubiquitin., Biochem. Biophys. Res. Commun., 559, 203-209, 2021

Yang G., Hiruma S., Kitamura A., Kinjo M., Mishra, M., Uehara R., Molecular basis of functional compatibility between ezrin and other actin-membrane associated proteins during cytokinesis., Exp. Cell Res., 403, 112600, 2021

Harusawa K., Watanabe C., Kobori Y., Tomita K., Kitamura A., Kinjo M., Yanagisawa M., Membrane surface modulates slow diffusion in small crowded droplets., Langmuir, 37, 437-444, 2021

Takakura H., Goto Y., Kitamura A., Yoshihara T., Tobita S., Kinjo M., Ogawa M., Analysis of the Triplet-state Kinetics of a Photosensitizer for Photoimmunotherapy by Fluorescence Correlation Spectroscopy., J. Photochem. & Photobiol., A: Chem., 408, 113094, 2021

北大研究者総覧参照
https://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.roAdxRX6Sl-bZBl0k9xszQ==.html
https://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.XsSv0ICp1QrNbE575wXzmA==.html