研究室

構造生物化学研究室

精巧に設計された生体分子の多面的解析・応用 -分子を化学・物理・細胞生物を用いてマルチモーダルに理解する-
研究テーマ
シグナル伝達系とがん化やウイルス感染症の交叉/酵素反応解析/X線・中性子線結晶構造解析法の開発
研究キーワード

蛋白質,核酸,酵素,シグナル伝達,感染防御,X線構造生物,中性子結晶解析,クライオ電顕,NMR,結晶学,計算機科学,蛋白質有機化学,生物物理学,量子生物学

スタッフ

研究・教育内容

私たちは生命現象を解明するために,立体構造をプローブとして,シグナル伝達経路に作用する因子を,がん化やウイルス感染症・免疫の観点から解明します。また,興味深い酵素反応が精巧に進行する機構を,化学の観点を大切にしながら解明します。構造生物学手法としてX線結晶解析やクライオ電顕,中性子解析,NMRの基本になるフーリエ変換をはじめとした理論をメンバーで勉強し,自分の研究に必要であればどんどん取り入れていきます。また,速度論的解析,熱量測定や活性測定などのタンパク質化学を展開し,細胞生物学を組み合わせて新たな観点を導入します。さらに,水素原子を意識するための中性子線結晶構造解析も独自の方法で進めていきます。

構造生物化学研究室(PDF)

担当学部・大学院

お問合せ

研究室所在地
〒060-0810
札幌市北区北10条西8丁目
理学部5号館3階
電話番号
011-706-3221
Fax番号
011-706-4905
Email
ose.toyoyuki※sci.hokudai.ac.jp(*を半角@に変えて入力ください)

代表的な研究業績

The measles virus V protein binding site to STAT2 overlaps that of IRF9, Yuma Nagano, Aoi Sugiyama, Madoka Kimoto, Takuya Wakahara, Yasuyo Noguchi, Xinxin Jiang, Shinya Saijo, Nobutaka Shimizu, Nana Yabuno, Min Yao, Paul Gooley, Gregory Moseley, Takashi Tadokoro, Katsumi Maenaka, Toyoyuki Ose, Virol. 94, e01169-20 (2020)

Structural comparison of the C-terminal domain of functionally divergent lyssavirus P proteins, Aoi Sugiyama, Tomo Nomai, Xinxin Jiang, Miku Minami, Min Yao, Katsumi Maenaka, Naoto Ito, Paul R Gooley, Gregory W Moseley, Toyoyuki Ose, Biochem. Biophys. Res. Commun., 529 507 – 512 (2020)

Structural Elucidation of Viral Antagonism of Innate Immunity at the STAT1 Interface, Hossain MA, Larrous F, Rawlinson SM, Zhan J, Sethi A, Ibrahim Y, Aloi M, Lieu KG, Mok YF, Griffin MDW, Ito N, Ose T, Bourhy H, Moseley GW, Gooley PR., Cell Rep. 29, 1934-1945(2019)

Structure of MHC class I-like MILL2 reveals heparan-sulfate binding and interdomain flexibility, Mizuho Kajikawa, Toyoyuki Ose, Yuko Fukunaga, Yuki Okabe, Naoki Matsumoto, Kento Yonezawa, Nobutaka Shimizu, Simon Kollnberger, Masanori Kasahara & Katsumi Maenaka, Nature Commun. 9 4330 (2018)

Solution structure of an avirulence protein, AVR-Pia, from Magnaporthe oryzae, Toyoyuki Ose, Azusa Oikawa, Yukiko Nakamura, Katsumi Maenaka, Yuya Higuchi, Yuki Satoh, Shiho Fujiwara, Makoto Demura, Teruo Sone and Masakatsu Kamiya, Biomol. NMR 63, 229-35 (2015)

北大研究者総覧参照
https://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.WzOHck1UcWQzY3EAWINDOg==.html