スタッフ

湯山 耕平特任准教授 (YUYAMA Kohei)

研究室
脂質機能性解明研究部門
研究テーマ
エクソソームによる脳内細胞外空間クリアランスの研究
研究キーワード

細胞外小胞, エクソソーム, 細胞外空間, 脳内クリアランス機構, アミロイドßペプチド, アルツハイマー病, 神経変性疾患, ニューロン, ミクログリア, スフィンゴ脂質

研究内容

エクソソームは様々な細胞から放出されるナノサイズの二重膜小胞で、細胞-細胞間での分子輸送を担っています。中枢神経系においてもエクソソームは、ニューロンやグリア細胞から放出され他の細胞に受けわたされていることが報告されています。私たちはこれまでに神経細胞由来エクソソームが細胞外でアルツハイマー病の原因因子であるアミロイドßペプチドを捕捉しミクログリアに輸送することでAß分解をサポートしていることを報告してきました。現在はこのエクソソームの脳内細胞外空間における不要物クリアランス機構に着目し、下のような研究を進めています。

(1) スフィンゴ脂質(セラミド)によるエクソソーム産生機序の解明                         
(2) 神経変性疾患(特にアルツハイマー病)の原因物質除去におけるエクソソーム機能の研究
(3) 機能性食品素材によるエクソソーム産生調節法の開発研究
(4) 細胞外小胞を用いた神経変性疾患リキッドバイオプシーマーカーの開発研究

担当学部・大学院

  • 理学部担当:
    なし
  • 大学院生命科学院担当:
    なし

代表的な研究業績

北大研究者総覧
https://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.3274b087de1c54f2520e17560c007669.html

所属