スタッフ

門出 健次教授 (MONDE Kenji)

研究室
化学生物学研究室
研究テーマ
生命分子のキラル情報の解読とその応用
研究キーワード

ケミカルバイオロジー、キラル、赤外円二色性、糖鎖、脂質、らせん

研究内容

細胞膜をインターフェイスとして生物は様々な情報のやりとりをしている。糖鎖や脂質分子は、どちらも共にゲノム情報の一次プロダクトではないが、 細胞表層における情報伝達物質として、生命現象において極めて重要な役割を果たしている。現在、生命現象を化学の言葉を使って理解し、その模倣を行うというケミカルバイオロジーという新しい分野の研究を行っている。有機化学をツールとし、脂質、糖鎖などの生体分子をキラリティーという切り口で研究している。

担当学部・大学院

メッセージ

タンパク質の三次元構造の当たり前のように明らかになり、真の意味での分子(化学)生物学の時代が到来したと感じている。生命活動を維持していくための反応は、本質的に化学反応であり、当然、化学の言葉で解明されなくてはならない。しかし、益々複雑化する科学の世界を渡っていくためには、異分野の研究者とのコラボが重要になってくる。自分の専門の知識・技術を高めることはもちろんのこと、人間力も磨きましょう。

代表的な研究業績

北大研究者総覧参照
https://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.yRzoHROg092Lc9Ff5h5Zaw==.html

所属