スタッフ

山口 諒助教 (YAMAGUCHI Ryo)

研究室
数理生物学研究室
研究テーマ
進化ダイナミクスの数理モデリング
研究キーワード

数理生物学, 進化生物学, 生態学, 集団遺伝学, 種分化, 進化実験, 数理モデリング

研究内容

地球上に生息する生物の多様性・共通性や複雑な生命現象を理解するには、進化的な視点が欠かせません。数理モデルを用いることによりどのような進化が起きやすいか、または起きにくいかを解析することが可能です。現在、特に注力している研究テーマは以下の通りです。
(i) 野外の非モデル生物を対象としたゲノミクスと種分化理論
(ii) 遺伝子型・表現型・適応度をつなぐ適応度地形理論と進化実験解析
(iii) 進化生態学理論を応用したウイルス感染疾患動態予測
数理生物学はバイオインフォマティクス解析との融合研究により生物科学の様々な分野に広くフィットしており、進化的な観点からの解析で生命科学に貢献したいと考えています。

担当学部・大学院

メッセージ

シーケンシング技術等の向上と計算機能力の進歩により、生命科学はビッグデータの網羅的な収集とその情報解析を基盤とした学問に大きく変貌しつつあります。数理モデルやデータ解析によって、複雑なデータから生物学的に意味のある情報を得ることはもちろんのこと、数学を利用する事で実現できる厳密な論理や新たなコンセプトの提示はとても魅力的です。進化学的視点をベースに、特定の領域に限らず広く生命科学分野を理解することを目指しています。

代表的な研究業績

Yamaguchi, R., Yamanaka, T. and Liebhold, A. M. 2019. Consequences of hybridization during invasion on establishment success. Theoretical Ecology Springer. 12: 197-205.

Booton, R. D., Yamaguchi, R., Marshall, J. A. R., Childs, D. Z. and Iwasa, Y. 2018. Interactions between immunotoxicants and parasite stress: implications for host health. Journal of Theoretical Biology Elsevier. 445: 120-127.

Yamaguchi, R. and Iwasa, Y. 2017. A tipping point in parapatric speciation. Journal of Theoretical Biology Elsevier. 421: 81-92.

Yamaguchi, R. and Iwasa, Y. 2017. Parapatric speciation in three islands: dynamics of geographic configuration of allele sharing. Royal Society Open Science The Royal Society Publishing. 4: 160819.

Yamaguchi, R. and Iwasa, Y. 2013. First passage time to allopatric speciation. Journal of Royal Society Interface Focus The Royal Society Publishing. 3: 20130026.

 

所属